お気軽にお問合せください。
【TEL】 079-236-0444

【フリーダイヤル】0120-397039 
【営業時間】8:30 - 17:30

【休日】土曜、日曜、祝祭日    


スタッフブログ 11月

蘇(そ)づくり                                 2020.11.27 記                                               

材料は1000㏄の牛乳のみ

        

フライパンに入れて、弱火でかき混ぜること1時間20分。

根気がいります。

やがて、水分が蒸発して固まってきます。       

ラップで包んで冷蔵庫で3時間冷やします。

180gの蘇(そ)という食べ物が出来上がりました。

チーズのような味で、ほんのり甘いです。

 パンにのせて、オーブントースターで焼くと香ばしくておいしいです。      

鶉野飛行場                                     2020.11.16 記                                              

加西市の、鶉野飛行場跡に行ってきました。鶉野飛行場跡(姫路海軍航空隊鶉野飛行場、川西航空機姫路製作所鶉野工場跡)は、太平洋戦争が悪化し始めたころ、優秀なパイロットを養成するため、昭和17年に着工し、昭和18年に完成した旧日本海軍の飛行場跡だそうです。

紫電改(しでんかい)の実物大のレプリカがあります。


悲惨な戦争を忘れないために、いろいろな施設を保存されている方々に頭が下がる思いでした。

柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺             2020.11.9 記                                    

柿の実が色づいてくると、いつも思い出す俳句です。

句に誘われて法隆寺に行こう。

法隆寺は奈良県斑鳩町にある仏教寺院。7世紀に創設され、現存する世界最古の木造建築物です。

下記は、法隆寺の宮大工棟梁の西岡常一氏(1908-1995)著者「法隆寺を支えた木」から抜粋しました。

「飛鳥創建から昭和大修理まで、千三百年もの間、法隆寺の建物をつくり、支えてきた工匠、工人は数えきれないほどいます。(中略)

その建物は、世界最古で知られる飛鳥様式を頂点に、奈良、平安、鎌倉、南北朝、室町、桃山、江戸時代の粋が集まっており、国宝や重要文化財に指定されている。昭和の大修理は昭和九年から二十九年まで、二十年以上かけて行われた。」



法隆寺境内図

西院伽藍は回廊(ピンク色)で囲まれた部分

中門を入ると西院伽藍には、我が国最古の五重塔

奥に大講堂 右側にご本尊が安置されている金堂が見えます。

どこよりも美しい五重塔と金堂

圧倒される佇まいだ。

   西院伽藍を取り囲む回廊の深い軒、軒下の組物、柱の中ほどに丸みのあるエンタシスの柱、いづれも飛鳥時代のもの。柱や梁 には、補強や補修の跡、使用されている材料は時代の異なる物が入り混り、大勢の人々がいかに大切に守ってきたのかがわかります。

見れば見るほど凄い。浅学の身として、このお寺、語ることはできない。   

西院伽藍を出ると、鏡池がある。

池の傍らに、柿くへば…句碑が立っている。

近くに、参拝者のための質素な休憩場があります。トタン屋根には壁は無し。屋外にいるようで、心地良い。

天気が良いので、弁当を食べようと、休憩場のベンチに腰をかけた。

北西方向からグァーンと鐘の音に、びっくり。

しばらくすると、グァーン、グァーンと12回鳴り響いた。

西円堂(鎌倉時代)の鐘だろう。創建当時のままの音色で時を告げたのです。朝の8時から夕方4時までの間、2時間の間隔で毎日お坊さんがついておられるそう。

正岡子規が茶店で柿を食べながら、聞いたであろう鐘の音を弁当を食べながら聞いています。

鐘の響きに深まりゆく秋を感じます。